起業家にとって固定費はできるだけ抑えたい項目だ。
特にボディーブローのように効いてくるのが家賃である。
家賃さえなければ起業はどれほど楽だろう。
当たり前のことを当たり前に言ってみたが起業家の本心である。
ある会計士は東京の家賃があまりにも高いので新潟に引越し、
様があるときにだけ東京に来ているそうだ。
一理ある。
だが、バーチャルオフィスという手はいかがだろう。
例えば埼玉に住んでいて、そこで仕事もやるのだが、
会社の住所は東京都新宿区だったりする。登記もできる。
それがバーチャルオフィスだ。
バーチャルオフィスの特徴は、電話は転送してもらえるし、
郵便物も多少のロスはあるが転送されて届く。
商談ルームも完備されているので来客があっても平気だ。
バーチャルオフィスは実際の床を借りないので格安で借りられる。
東京都新宿区の住所で月々3000円なら格安ではないだろうか。

バーチャルオフィス。
初めて聞く人も多いのではないでしょうか?
なんせ、世の中にあまり宣伝もされていないし、日本はサラリーマン世帯が多いので、
ベンチャー及びインキュベーション関連の情報は少ないのが理由です。
そもそもバーチャルオフィスとは、その名の通り仮想オフィスのことです。
仮想オフィスとは、実態がその場所になく、その場所にはバーチャルオフィスの管理
会社が存在していることが専らです。
同一フロアに何百社、何千社、何万社と契約してもいいので、床の価値は無限大です。
バーチャルオフィス運営会社は、自社で一等地に事務所を開き、バーチャルオフィス
会員を増やして、その一等地の地代を支払い、余剰が利益となります。
1社では一等地に事務所を借りることはできませんが、バーチャルオフィスの管理会社
が間に立つことで、ベンチャー企業でも一等地の住所が印字された名刺を持つことが
可能になります。
現在、バーチャルオフィスを事務所とした会社は1万社単位で存在します。
全てが如何わしい会社ではなく、将来有望な会社も多数このサービスを利用しています。
お客様にも受けは悪くないサービスなので、ぜひ検討してみて下さい。

おそらく都内23区内で最も安いバーチャルオフィスのご紹介(東京都四谷:㈱SMG東京:月額3000円~)