求人広告を出す前に知っておいた方が良い事。
求人広告はモノを購入するのではないので、
応募があろうが採用が0であろうが、求人媒体に
求人広告費を支払わなければなりません。

手に残らないもの、情報を買う。
人材を採用するのだが、求人広告費は投資である。
理屈では分かっていても、結果が伴わなければ
支払いを拒みたくなる。
だからこそ、失敗しない求人広告を出すことが
中小企業にとっては大変重要です。

求人広告の成否を握るカギは、景気動向と
担当する営業マンです。
景気は自分の力では動かすことはできません。
大きな流れに身を任すのみです。
景気が良ければ採用できず、景気が悪ければ
採用できない、酷な話です。
求人広告営業マンは選ぶことができます。
今の担当営業ができる営業マンなのか、
できない営業マンなのか、要するに、
自社で活躍して利益を上げる人材採用の手伝いを
してくれるのかどうか?
募集を出す前に、優秀営業マンの声を参考にして
みましょう。

2011年9月。求人広告件数が増えてきているようです。求人募集再開の前に元リクルートの優秀営業マンの採用ノウハウを盗んでみませんか。